カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合わせ サイトマップ
 

地域に育まれた仙台長なすへの思い

小ぶりですらりとした姿。つやつやと輝く紫紺色。薄皮に包まれ、ぎゅっとしまった果肉。 約400年前、伊達藩が朝鮮兵役の帰途、博多から原種を持ち帰ったと言われる「仙台長なす」。その後、長い年月をかけて仙台の気候と風土に育まれ、独特の姿形を持った伝統野菜になりました。 岡田の仙台長なす漬本舗は、この伝統を受け継いだ「仙台長なす」でつくります。近年の品種改良によって本来の持ち味が失われていく中、歴史ある在来品種にこだわった漬物づくりを続けています。

ページトップへ